秋〜冬(10〜12月)の山野草C

 植物  名前 特徴他  食べられる?
 ヒレタゴボウ
アメリカミズキンバイ
 アカバナ科

熱帯アメリカ原産でアジアに帰化している1年生草本。
1955年に愛媛県松山市で見いだされ、1960年代には四国や瀬戸内海地方で水田雑草として知られるようになった。現在では関東地方から北部九州地方にかけての湿地に発生し、しばしば水田に侵入する。
 ?
ヒメタムラソウ
(姫田村草)
キク科

山地の日当たりの良い草原に生える多年草。
アザミによく似ているが、葉は薄くて柔らかく、刺がないので見分けられる。
花期は8〜10月
本州〜九州に分布
?
 ママコナ
(飯子菜)
ゴマノハグサ科

山地のやや乾いた林下に生える半寄生の1年草。
花期は7〜9月
北海道西南部〜九州に分布 
 ?
 イヌゴマ
(犬胡麻)
シソ科

果実が胡麻に似ているが、利用できないことからこの名がある。
山野の湿地に生える多年草。
花期は7〜8月
北海道〜九州に分布 
?
 
ヤマラッキョウ
(山辣韮) 
 ユリ科

山地や丘陵の草地に生える多年草。地中に辣韮と同じような形の鱗茎があり、茎や葉をじずつけたりすると、ネギのような匂いがする。
花期は9〜11月
本州福島県以西〜沖縄
 ?
 オグルマ
(小車)
キク科

湿った明るいところをこの実、湿地や田んぼ沿いの水辺などで出会う。
小車の生えるヨナススキの草原や水辺の草原が最近では少なくなり、この様な花には出会うことも少ない。 
花期は7〜10月
北海道〜九州に分布
?
 

(参考文献)  別冊家庭画報 「美味しく食べる山菜・野草
          山と渓谷社  「山溪ポケット図鑑1 春の花」
              山と渓谷社  「山溪ポケット図鑑2 夏の花」
山と渓谷社  「山溪ポケット図鑑3 秋の花」
ふこく出版 福島誠一著「食べられる野草と料理法」
全国農村教育協会「日本帰化植物写真図鑑」
永岡書店「旬を見つける山菜・木の実