初夏から夏(5~9月)の山野草⑥

植物  名前  特徴他  食べられる? 
 ツユクサ
(露草)
ボウシバナ
(帽子花)
ツキクサ
(着草)
ホタルグサ
チンチログサ
アオバナ
ツケバナ
ツキクサ
 ツユクサ科

道ばたや畑の隅で、夏の朝を告げる花である。日当たりの良いところに多いが、山沿いの半ヒカゲで湿った道沿いなどにも群れて咲く。「露草」は、早朝の4時頃には咲き始め、朝露の中で美しく、昼には萎む短命さから名付けられた。
花弁3個の内2個は青色で大きく、1個は白色で小さい。
名の通り露草色の花弁は鮮やかで、花の青い汁は水で洗うと直ぐに消えることからツキクサ(着草)の名もあり、友禅の下絵を描くのに使われる。
花期は6~9月
日本全土に分布
5~6月に若芽を摘み取る。新しく伸びた茎の先の柔らかい葉なら、春から秋の間いつでも採取できる。
茹でて水にさらす。
葉は柔らかく淡泊なので、芥子和え、酢の物に向く。また、生のまま天ぷら、バター炒めにもする。
薬用・・・春から秋に地上部を刈り取り、日干しにする。喉の痛みに15㌘をコップ3杯の水で半量に煎じ、うがいをすると効果的。湿疹、かぶれには2握りを布袋に入れて浴湯料にする。
 
ママコノシリヌグイ 
(継子尻拭)
タデ科

刺の生えた茎で継子の尻をぬぐうという恐ろしい名前の植物。
道ばたや水辺などの生える1年草。茎には下向きの短い刺が多い。
 花の上部は赤く、下部は白い。
花期は5~10月
日本全土の分布
クズ
(葛)

ウマノボタモチ
ウマノオコワ
カンネ
カンネカズラ
マメ科

山野に普通に見られる蔓性の多年草。林の縁や土手などが、一面に葛の葉で被われている光景をよく見かける。秋の七草として古くから知られ、親しまれてきた花である。
アメリカでは資料用に輸入した葛が野生化し、害草として嫌われている。
花期は7~9月
日本全土に分布
春から初夏の若芽や若葉を採取する。
茹でて水にさらす。若芽は毛を取ると食べやすくなる。
和え物、炒め物、また、生のまま天ぷらにする。花はよく茹でて水にさらし三杯酢にする。

薬用・・秋に根茎を堀取り、日干しにしたのが葛根。風邪薬の葛根湯の主剤になる根を水にさらしてデンプンをとりだしたくず粉を熱湯でといた葛湯には、発汗作用があり、解熱に有効。
オミナエシ
(女郎花)
オミナエシ科

秋の七草の一つとしてよく知られている。山地や丘陵の日当たりの良い草原に生える多年草。
万葉集にも詠まれている。オミナエシやオトコエシは醤油の腐ったような匂いがする。
花期は8~10月
日本全土に分布
ミズヒキ
(水引)
タデ科

林の縁などに生える多年草。日当たりの良いところよりも、半日陰の所に多い。
花には花弁はなく、花弁状の4個の萼片がある。上にある3個の萼片は赤く、下側の1個は白い。このため、花穂を上から見ると赤く、下から見ると白く見える。これを紅白の水引にたとえて、水引の名が付いたと言われる。
花期は8~10月 
カヤツリグサ
(蚊帳吊草)
マスクサ
(升草)
カヤツリグサ科

畑、道ばた、荒れ地などにごく普通に見かける。
両端を残して茎を縦に引き裂くと四角形が出来、この形から蚊帳を連想してこの名で呼ばれる。
花期は8~10月
本州~四国九州に分布
オオマツヨイグサ 
(大待宵草)
 アカバナ科

北アメリカ原産。「富士山には月見草が似合う」と書いたのは太宰治である。月見草は、このオオマツヨイグサを指しているらしい。明治の始め頃、我が国に渡来した。この仲間は全てアメリカ大陸原産であるが、オオマツヨイグサの自生がはっきりせず、どうもヨーロッパで園芸種として作られ、世界に広がったようだ。一日花で、この仲間では最も花が大きく、美しい。
花期は7~9月
? 
 アレチノギク
(荒地野菊)

キク科

南アメリカ原産の1~2年草。明治の中頃日本に入り、大正から昭和初期に欠けて都市周辺に広まったが、最近はやや少なくなってきている。 花はかなり地味で、白い綿毛にくるまれた実の方が目立つ。

花期は5~10月
 ?
 ノアズキ
(野小豆)
ヒメクズ
マメ科

山野の日当たりの良い所に生える蔓性の多年草。
独特な形の蝶形花で、旗弁は右側が広く、中欧に竜骨弁が上向きにねじれて付く。 
ヤブツルアズキとは豆果の形が違う。

花期は8~9月
? 
 キンエノコロ
(金狗尾)
イネ科

荒れた智や道ばたにキンエノコロが金色に輝く姿は美しい。群れて生え、夕日を背景にして一面に光っている光景に出会うと、秋を見つけたような気になる。
明るく開けた草地で普通に見かけ、北半球の団体から温帯に欠けて広く分布する1年草。
花期は8~10月
日本全土に分布
 
 ?
 ミゾカクシ
(溝隠)
アゼムジロ
キキョウ科

田んぼの畦を一面に覆い隠すほどに茂ることから「溝隠し」の名で呼ばれ、また筵を敷き詰めたように生え、「アゼムシロ」の名が付いた 。
畦を生活の場とする、小さな多年草である。
花期は6~10月
日本全土に分布
 ?
 ハッカ
(薄荷)
シソ科

湿地に生え、ランナーを伸ばして群れる多年草。
葉をもむと爽やかな香りがする。古くから香料や薬用として利用され、北海道などではメントールの原料用に栽培されている。
メントールは歯磨きや煙草などの香料に使う。
花期は8~10
北海道~九州に分布
 
 柿の葉を陰干しして、解熱や健胃に煎じて服用する
 ワレモコウ
(吾亦紅)
バラ科

山野の日当たりの良い草地に生える多年草。秋の高原でお馴染みだが、花屋の店先でもよく見かける。ススキ草原を代表する花で、茎が細く直立した姿はカヤ原で生きるのに都合がよい。
花期は8~10月
北海道~九州に分布 
 秋の根を天日乾燥させ、吐血、月経過多などの止血に煎じて服用する。
 ツリガネニンジン
(釣鐘人参)

トトキ
キキョウ科

釣鐘のような花が咲き、白く太い根が朝鮮人参に似ていることからこの名がある。春の若芽はトトキと呼ばれる。
花期は8~10月
北海道~九州に分布
4月頃に若葉を摘み取る。集団を作って群生するので見つけやすく、沢山収穫できる。
茹でて水にさらす。塩漬け、乾燥による保存も可能。
各種和え物の他、煮浸し、天ぷらに。
薬用・・・11月に根を堀取り、日干しにする。痰切りや咳止めに、1日量10㌘をコップ3杯の水で半量に煎じたものでうがいをする。 
スズメウリ
(雀瓜)
ウリ科

低地のやや湿った野原や水辺を好む種で、林縁や溝に沿って長い蔓を伸ばしている姿に良く出会う。和名は小さな灰白色の果実を雀の卵に見立てたとも、また、果実がカラスの卵より小さいため雀の名をつけたとも言う。
花期は8~9月
本州、四国、九州に分布